« 引っ越しました | トップページ | 大町シティクワイア 募集情報 »

2009年7月 2日 (木)

今年は12月5日

今日の大町はどんよりしてはっきりしない天気でした。cloud

さて、今年のゴスフェスですが、開催日が12月5日(土)に決定しました。

今年はなんといってもメモリアルなゴスフェスなのです。

ゴスフェスのルーツである2000年・大町北高校文化祭「白樺祭」で亀渕友香&VOJAが登場してちょうど10回目なのです。

友香さん、VOJAメンバーが大町へ来るようになってもう10年も経つんですよね。

この10年で友香さんVOJAメンバー、県内外のクワイアや大町シティクワイア、そして

大町北高校・・・いろんな人たちとのきずなが深まっています。

さあ、今年はどんなゴスフェスになるか、メモリアル企画進行中・・・・。

2003 STAGE2 opening

Fh000091

|

« 引っ越しました | トップページ | 大町シティクワイア 募集情報 »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

2000年の大町北高の文化祭の前日、大町文化会館のステージではVOJAのみんなと友香さんと高校生がごっちゃになって、リハーサルが進んでいた。

ダンスを担当する生徒は「俺たち踊る場所にピアノがあるじゃネーカ、なんだよー」とか言って、セットされてたマイクもピアノもみんな根こそぎ動かしてしまった。
音響さん、ホールの後ろからとんで来て、怒鳴る。
照明さん、ピアノ元に戻せと怒る。
(このときは、何も知らない僕が、音響も照明も別々に発注した人たちだった)
職人さんたち、「誰が仕切ってんだよーここは!」と怒る。
司会役の女子生徒、オロオロして泣きそうになる。

そう、すべて、テキパキやらなきゃいけなかったのはこの僕でした。しかし、このとき僕は、3年の担任・生徒会主任・放送部顧問で三日くらいあまり寝ていなかった。三者四者の言い合いの中で、リハーサル分裂の直前・・・・

「みんな、今日はね、高校生が主役なの。高校生の言うこと聞いてあげて!」

友香さんの一言。あの凍ったような空気がウソみたいに溶けて、職人さんたちが動き始めた。
リハーサルが進んだ・・・。

そして、VOJA単独のリハ。「ボッ・・」とでもいうような、歌いだし完全にそろった和音の束。周りの生徒も動きを止めて聞いていた。時間が流れ、ふと気がつくと隣の女の子が泣いていた。そして、なんと、僕の頬にも涙が伝わり落ちていった。

そうこうして、翌日のコンサートとWe are the worldの全校合唱。そして、その舞台袖にそのころは完全メタボだった一人の会館職員がいた。

こうして、VOJAと北高と大町ゴスペルフェスティバルが歩み始めた。

投稿: snaphkin | 2009年7月 3日 (金) 14時15分

懐かしいですよね。
このとき舞台の技術者として舞台袖の操作盤にいたのでこの時のことはよく覚えています。凍った空気感も(笑)友香さんの一言も覚えていますよ。
そう、ここから始まったんですよね。

投稿: 管理者 | 2009年7月 3日 (金) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1238878/30377413

この記事へのトラックバック一覧です: 今年は12月5日:

« 引っ越しました | トップページ | 大町シティクワイア 募集情報 »