« 2004年はいろんなコラボ実現! | トップページ | 今年のSTAGE 1 »

2009年10月 2日 (金)

夢や希望を与えるもの

さあ、もう10月に入りましたね。もう2カ月もすれば本番ですよ。ホント早いですね。

話は全く違いますが、まもなく2016年夏のオリンピックの開催地が決まります。

賛否両論があるとはありますが、私、スポーツ人としては「東京」に決まってほしいです。

オリンピックはスポーツをやる子供たちに夢と希望を与えてくれます。

私たちは長野オリンピックで経験をしています。確かに環境問題や維持管理費(借金)の問題も残ったのも事実です。でもLIVEで体験できたことは何より代え難い経験となります。

長野オリンピックが決まった時、私は大学生で京都で一人暮らしをしていましたが、今回と同じ深夜に決まったので

「The city of NAGANO」

とコールされた時は本当にうれしくて、ほかの大学に通っていた高校の同級生と電話で喜びを分かち合ったのを今でも覚えています。

そして1998年オリンピック本番は、文化プログラムのスタッフとしてオリンピックに関われたことは、今でも私の財産となっています。

VOJAの演奏も、夢や希望を与えるという意味においては同じですよね。

実際にLIVEを、観て、聴いて、感じる。そこに夢や希望があって、今があるんですよね。

ゴスフェスはVOJAだけでなく、すべての出演者が夢や希望を与えてくれる。だからこんな小さな町、大町でも続いているんだと思います。

今日はちょっと夜更かしです。

|

« 2004年はいろんなコラボ実現! | トップページ | 今年のSTAGE 1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

東京、残念でしたね…

長野オリンピックでは、私も音楽ボランティアとして参加しました。
その時、初めてゴスペルと出会い、魅せられ、今日までずっと歌っていますnote

投稿: rapcat@プレプレ | 2009年10月 5日 (月) 21時49分

ハイ、残念でしたよね。
長野オリンピックの文化プログラムで八方尾根のステージで仕事していたんですけど、確かMAVOの皆さんが出てくれたような記憶があります。子供もいっぱいいたような。大勢での参加でしたよ。他にも南京玉すだれをやっていたおばちゃんもいたような・・・。バラエティに富んでいました。

投稿: | 2009年10月 6日 (火) 22時11分

確かに!八方のステージで歌いました。

子供もたくさんいました。
小学1年生のPikaと4年生のHaluも
ノリノリで歌っていましたcoldsweats01

12年近くも前に、管理人さんに見られていたなんて…
こうして一緒にステージを創るのは、運命だったのかなsign02

投稿: rapcat@プレプレ | 2009年10月 7日 (水) 09時39分

やっぱりそうでしたか。

あの時のことは結構覚えているんですよね。

あの時小1と小4ですか!!

投稿: 管理人 | 2009年10月 7日 (水) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1238878/31615053

この記事へのトラックバック一覧です: 夢や希望を与えるもの:

« 2004年はいろんなコラボ実現! | トップページ | 今年のSTAGE 1 »