« 3/14 袋井 月見の里にて | トップページ | とにかく、一歩ずつ・・・です。 »

2010年3月14日 (日)

う~ん・・・・・。

今日はVOJA・袋井でのコンサートですね。

こちらからは、どうもやじCR-Zろべえさんが購入したと思われる愛車をかっ飛ばし、現地に行った様子らしく、その様子はしゅるさんのBBSなどでも明らかになるのでは思います。

さて、大町は先日土曜日に実行委員会が開催されました。これからの方向性などを話し合いましたが、これからもより良いゴスフェスを皆さんに提供するため、皆さんで考えているのですが、いろんな要素が絡み合い、今の鳩山政権の普天間問題のような?・・・・・・。

正直、自分でもどのようにしたらよいのか、ちょっと分からなくなりました。

今までと同じというのが一番楽かもしれませんが、それでは・・・・。

でも、一歩ずつ前に進んでいることも事実。皆さんが意見を出し合いながら、いいイベントを作り上げていくことに意義もあるのです。

全国の自治体では、不況だからといって次々と予算が削減され、特に教育・文化なんてその一番目に挙げられる。

そういった中、ゴスフェスと大町市。双方で協力し合いながら作る貴重なイベントだと思っていますので、焦らず創り上げたいですね。

|

« 3/14 袋井 月見の里にて | トップページ | とにかく、一歩ずつ・・・です。 »

実行委員会」カテゴリの記事

コメント

月見のHARUです。
袋井のコンサート、やじろべえさん来ていただきました。
大町とのきずながより深まったようで嬉しく思っています。また率直な感想聞かせていただけるといいなぁ~

ゴスフェスの実行委員会、もう始動しているんですね。みなさまの熱い思いと行動力の下で、私たちも参加させていただいているんだと思うと頭が下がります。

やじろべえさんのレポートで耳にされるかとは思いますが、こちらのコンサートは学遊館の主催の文化事業であり、私たちはそこに参加させてもらっている立場です。
学遊館も新しい企画として、来年は亀渕先生とVOJAのみなさんと1つの舞台を創り上げよう!というコンセプトで「ゴスペルオペラ」の構想をしているようです。(来年も是非!お誘いあわせてお越しくださると嬉しいです)

・・・とはいえ、このご時世 なかなか集客面では厳しいものがあり、今回のコンサートでは例年になく空席ができている状況でしたsad

私達は運営的にはあれこれ言える立場ではないので、せめて集客ではもっと早くから目標もって行動起こしたい!というのが反省です。

やはりゴスペルを・・亀渕友香&VOJAを愛して止まない者としては、1人でも多くの方に聴いて楽しんで頂きたいですよね。

・・・と長々だらだらとすみません。
今年もゴスフェス参加させていただけるといいなぁと期待しつつlovely、またレッスンに励みたいと思っています。
そして袋井のコンサートで、大町のみなさまとジョイント!なんてことが実現できるよう働きかけていきたいと思っています。

投稿: HARU | 2010年3月15日 (月) 23時03分

HARUさん!HARUさんには感謝感謝で一杯です☆本当にありがとうございました。感激とともに袋井との往復をさせて頂きました。

管理人殿!こちらにも感想を書かせて頂くことをお許しいただけますでしょうか。不都合であれば、削除などお知らせください。


袋井の『亀渕友香&VOJA ゴスペルライブ』に行ってきました。
最後の最後に今回の目的である「We are the world ~おおまちバージョン~」が始まりました。ネットで調べてみると、日本語の歌詞で「We are the world」を歌っているのって、もしかしたら大町やVOJA、そして今回の袋井だけ?!訳詞を紹介するサイトはたくさんあるけれど、日本語で曲として歌っているのは・・・どうもないらしい。あらためて「凄いことなんだなあ」って感じて、袋井での感動がよみがえります。

・・・小学生を中心としたキッズの素直な歌声、周りで支える袋井の大人たちの安心する声、プレイヤーとしてこの大町発祥「We are the world」を袋井にも伝えてもらったVOJAのソウルフルな声、そして亀渕友香の「世界はひとつ。みんな仲間。力あわせ明日を作ろう」という力強いメッセージ。
「ここは袋井なんだよな・・・」僕は袋井の「We are the world」を聴きながら感動のあまり一緒に歌う声も震え、涙していました。大町ゴスフェス出身のVOJAメンバー「トミー」はステージ上でやはり泣いていました(後で本人から聞きましたが、リハからすでに泣いていたそうです)。ステージ上の面々は晴れやかな笑顔で歌いきっていたのが印象的でした。

私達が普段使用している日本語で歌うために「We are the world」を訳詞した大町のsnaphkin先生はこの広がりに対する思いを、こちら「おおまちゴスフェス GOSPEL FESTIVAL in Omachi 2010」のブログ」に寄せていますが、HARUさんをはじめとした「月見の里ゴスペルクワイア2010」の皆さんもsnaphkin先生の詞に込めた思いを胸に抱いて選曲し練習に励み、本番で披露した、とクワイア代表の和田口さんからお話を伺いました。

今年のゴスフェスでは会場全体で「We are the world ~おおまちバージョン~」を歌えたらいい、日本中あちこちのVOJAコンサートで披露されてみんなで歌ってもらったら嬉しいな、って思いました。

おおまちゴスフェスと月見の里ゴスペルクワイアは、今回の公演でより関係が深まったことは間違いのないことです。今年のおおまちゴスフェスへの意気込みもメンバーの皆さんから伺いました。毎年本当に楽しみにして頂いているそうです。おおまちゴスフェスもどのような発展を見せていくか、実行委員の皆さんはすでに活動を始められています。

「亀渕友香&VOJA」の力を得ながら「共に歌い、発信するゴスフェス」が実現できたら嬉しいです。

袋井・月見の里・・・思いの外、近かったです(笑)

投稿: やじろべえ | 2010年3月16日 (火) 10時48分

>HARUさん
コンサートお疲れ様でした。こちらからは、やじCR-Zろべえさんがお伺いし、皆さんと感動を共有してきたということで、本当に嬉しい限りです。
来年は「ゴスペルオペラ」ですか。すごいですね。(驚)
袋井さんは会館自主事業なんですよね。ある意味うらやましいです。経費的なものはすべて会館事業費(袋井市)持ちということだと思います。ですから、この事業が赤字であっても持ち出しで文化を創造しているという点では、このご時世で凄いことだと思います。私も会館職員時代はこのことでは、凄く悩みましたから。採算の取れる事業(儲かる事業)だけを絞っていれば楽なんですけど、クラシックなどやはり地方は厳しいんですね。今回の事業にしても、チケット単価とキャパ、制作費等を考慮すると、けっこう袋井市が持ち出しているんじゃないかと推察します(笑:スミマセン。そろばん勘定いたしまして・・・)
ただ、袋井市って人口が約87,000人。大町市は約31,000人。2.8倍も袋井さんのほうが多い。一方会場のキャパは袋井が383。大町が1134。大町の方はおかげ様で毎年800人超の集客があります。逆を返すと、そのくらい集めないと、採算も取れないし、客席の見た目も悪い(苦笑)
今回、袋井さんのコンサートで空席があったのは凄く残念ですね。
『ゴスペルを・・亀渕友香&VOJAを愛して止まない者としては、1人でも多くの方に聴いて楽しんで頂きたい』本当に同じ思いです。ですので、私たちもこれからも長くゴスフェスを多くの方に楽しんでいただくために、試行錯誤しています。
大町は会館使用料や制作について一部負担がありますが、主な財源はチケット収入などです。赤字は出せないので実行委員さんやSTAGE1・2の出演者などの販売協力が不可欠です。毎年秋は眠れない日々?が続きます(笑)
袋井さんは大町に比べ人口や会場キャパを考えると、開催条件はいいんだと思います。公立会館事業は全国的にスタッフの人数減や広告宣伝費の減などで、広告宣伝やチケット販売セールスなどで手薄という傾向だと言われています。なので、会館事業を嫌うアーティスト(プロモーター等)もいるのも事実のようです。この事業に対して大町のように、みなさんがもっと参画できれば、あらゆる面でもっと充実してくるのではと推察しますが・・・・。
スミマセン。勝手なことを書きましたが、「We Are The World」を通じてこうした交流が図られることは本当に嬉しいですし感謝です。こちらからいつかお邪魔できるようなことになれば素晴らしいですね。

大町ゴスフェスは、試行錯誤と書きましたが、成功しているうちに、これからの10年を考えたいと思っています。ゴスペルやVOJAを軸としながらも、ゴスペルにこだわらず、ゴスペルを歌うように、自由にコーラスワークを楽しんでいるグループも参加をしていただきたいとも思っているところです。概要が決まりましたら、またご案内させていただくかと思います。今後ともよろしくお願い致します。

投稿: 管理人 | 2010年3月16日 (火) 20時13分

>やじろべえさん
お疲れ様でした。大町ゴスフェスを代表して体感してきてもらい感謝します。
『ここは袋井なんだよな・・・』という感覚。大町のあの感覚・感動が袋井の出演の方々に乗り移ったんだろうね。このコンサートで大事に歌われたことに本当に感謝しています。snaphkin先生も行きたかっただろうなあ・・・。
姉妹都市との交流はあれど、このようなキッカケから民間レベルでの交流が図られていくのは、本当に素晴らしいことだよね。私たちにとっても袋井さんとのお付き合いを大事にしていかなくてはと再確認しました。
トミーも参加していましたか。トミーやVOJAのメンバーの皆さんはどんなこと思ったのかな?興味がありますね。VOJAブロでも近々報告が写真つきであるようなので期待しましょう。

投稿: 管理人 | 2010年3月16日 (火) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1238878/33772538

この記事へのトラックバック一覧です: う~ん・・・・・。:

« 3/14 袋井 月見の里にて | トップページ | とにかく、一歩ずつ・・・です。 »