« VOJAにとって、ファンにとって、特別な場所でありたい・・・。 | トップページ | たくさんのコメントありがとうございます »

2010年11月28日 (日)

とうとう終わっちゃいました。

昨日の感動から一夜が明けました。

まず、ご来場いただいた皆様、出演したBLESSED、Joyful!、Thursday colors、Rough Diamonnds、Precious Precious、月見の里ゴスペルクワイアのメンバーの皆様、大町北高校の生徒のみんな、そして先生方、シャイニングKIDSのみんな、お父さん・お母さん、そして友香さん、VOJAの皆さん、TMPのスタッフ、長野三光、大町市文化会館の職員(OB・まもなく復帰の人含む)、N坪さん・・・。そして実行委員の皆さん、このイベントのすべてに関わられた皆様に感謝申し上げます。

特に、昨日はバタバタしていて、STAGE1の皆様にはきちっとしたご挨拶もできず大変失礼いたしました。時間の制約がある中で、きっちり仕上げていただき、昨年にも増して、工夫して演奏されたことに対して大変感謝申し上げます。ありがとうございました。

私にとっては、昨年休んでいましたので復帰戦となりましたが、年ですね(苦笑)、正直疲れました。いつもなら帰ってきて、BLOGに書き込んだりできたんですけど。その割に疲れすぎて眠れなかったです・・・。みなさんもそうかな、興奮冷めやらずといいた感じですかね。

今年のゴスフェスおおまち2010いかがだったでしょうか?

いろんな感想をお持ちだと思います。ぜひ書き込んでいただければと思います。もちろんVOJAメンバーの皆さんも。

昨年のVOJA招聘10年のアニバーサリーから今年、どう制作していこうか、実行委員会の会議でもかなり試行錯誤しました。実行委員も減少し、ホントに今年開催していけるのか?ネーミングもマイナーチェンジし、ゴスペルをベースとしながらもいろんなジャンルのハーモニーを楽しむというコンセプトの元、制作してきましたが、今年の当初はつまづきの連続でした。

STAGE1は公募もしましたが、思うようにならず、制作方針も従来に戻し、出演した各グループには大変ご迷惑もかけました。

シティクワイアも締切日は40名しかおらず、どうなるかと思いました。そんな時、今年出演されなかった倉地先生が、ゴスフェスを成功させましょうと、関係方面に声をかけていただきました。倉地先生本当にありがとうございました。

チケット販売や協賛集め託児の手配にレクチャーの受け付け、懇親会の手配など、実行委員のみんなも手分けをして良くやってくれました。

VOJAのセットリストについては、11/22に実は変更の相談をしました。、STAGE2については基本、TMPにお任せではありますが、ジョイント部分とか曲の兼ね合いとかもあり、毎年、主催者として要望等はさせてもらっています。毎年開催の大町だけにここが難しいところでもある訳です。今年は11月開催であること、またコンセプトがゴスペル&ハーモニーということ。これも改めて考慮いただこうと、最後の最後まで調整をさせていただきました。すべては、お客様のために。VOJA初めての方も、毎年見ていただいているファンの方にも楽しんでいただけるように・・・・。

ですが時間の制約やいろんな条件があって、要望が叶うこととそうでないことがあります。少しだけタネ明かしといいますか、アンコールの最後「Say G'day」については私の方から強く要望した曲でした。大町では唯一2001年のやまびこ祭りでVOJA12人編成で来たことがありまして、その時だけ歌われましたので、ゴスフェスとしては初なのです。(今年来たふーみんもその時のメンバーで、マイクに感電したメンバーの一人です)

これを歌うに当たっては、友香さん・TMPの方でも悩まれたようです。2000年シドニーパラリンピックの応援歌でしたし、昔の曲を歌うことへのためらいみたいなものもあったと聞いています。ですが、曲の内容はすごく前向きな曲。最後の最後にこれを持ってきていただいてホントに感謝ですし、イルミナントからのあの盛り上がりは本当に見ていて聴いていて楽しかったです。事務局長という立場を忘れ、いちVOJAファンにもどって楽しめました。

それから We are the world は、今年はどんな意見が出ようと、北高に次代の担うKIDS。そして3月に袋井コンサートで披露いただいた月見の里。これをジョイントして行う。これにはいろんな意義メッセージが含まれていますが、一番はある意味、大町北高校へのメッセージなのかもしれません。

アジアフ活動は現在も、もちろん続いています。しっかり校風として根付いていますが、実際、we are the world はもうこのゴスフェスでしか歌われないそうです。私としては、これを歌うことで自分たちの活動を再確認してもらい、いろんな方たちへメッセージとして、また後輩であるKIDSのみんなへと、その精神が大町の地で引き継ぐといったメッセージが今回だと思って制作しました。

これには大塚 桂先生に本当にご尽力いただきました。KIDSのレクチャー当初、こちらは楽譜を用意していたのですが、19人中一番多かったのが7歳で低学年が主力だったため、当然楽譜なんて読めません(苦笑)、急きょ黒板に小山実行委員長が歌詞をひらがなで書いて対応。(カタカナも読めないというので)。舞台監督の坂井さんはひらがなべた打ちの歌詞カードに、「私はこれの方が歌えない」と言って笑っていましたが(笑)大塚桂先生の機転のきいた指導により、キッズの覚えも早くて正直ホッとしました。それに本番は最高の歌声も披露してくれて、本当にうれしかったです。見ていた方、それに北高校の生徒はどう思ったかな?

今年のシティクワイアの2曲。特にHeal The worldは今までで最高だったと思います。毎年反省するシティクワイアの出来。これは皆さんの出来とかではなく制作上の出来なのです。たとえば、マイクの調子がとかスピーカーの返しが、とか。VOJAとの声量のバランスとか。すごく難しいんです。シティクワイアはメインなのか、あくまでもVOJAのバックなのか?いろんなことがあるのですが、一番バランスのとれた本番だったと、私自身は今までで一番満足しています。

VOJAメンバーも、5年ぶりにマスさんが大町のゴスフェスに帰ってきてくれました。マスさんには、どうしてもゴスフェスのステージに帰ってきてほしかったので本当にうれしかったです。マスさんが帰ってくるまでは、ゴスフェスは止められないとまで思っていましたから。それにSTAGE1の人たちもすごく期待していたし、喜んでいました。それに、VOJAの若手にとってもマスさんとステージ一緒に立てることが勉強・経験にもなるんですよね。

大町初登場の「みなっち」こと高木さん。大町に出たいと強く思っていてくれて、VOJAメンバーとなった当時、「大町はVOJAにとって特別な場所なんだよ」と話してくれたのが、マスさんだって話してくれました。すごく楽しかったと言ってくれたので、こちらも本当にうれしかったです。

それと当初13名だったのが、ビートルズメドレーには男性がさらに必要ということで、緊急招集された小山くん(なぜか小山くんと書いてしまう。)大町初登場でしたが、こちらもすごく楽しかったということでこれからが楽しみですね。

アテナは大町のやまびこ祭りに来て、さらに今回パワーアップして帰ってきてくれたました。とはいってもまだユニットとしては駆け出しですし、経験も足りないし、まだまだプロのオーラが出てない気もします(辛口でごめんね)ゆえに大きなステージで経験してほしいと思って、こちらも私の方で要望しました。VOJAファンが見守る大町のステージを経験してより成長してほしかったのです。どの世界でもそうですがやはり経験が必要です。さらなる飛躍を期待し応援しています。

また、しゅるファンにとっては、たまらない1曲もありましたね。ソロ活動の時に披露されているようですが、KIDSのみんなも楽し待たんじゃないかな。この曲終りを合図に、KIDSのみんなは客席を離れスタンバイしたんです。1曲すべてしゅるさんのソロというのは10年連続のしゅるさんも大町では初めてでしたね。

その一方で、CDデビューを果たしたLullの歌声をお聞かせできなかったのは、期待していたファンの方へ、その期待の応えられず主催者としてお詫び申し上げます。制作上、時間等の制約もあり、今回実現しませんでした。私自身も残念ではありましたが、これから先、大町でまた、Lullの歌声が聴けるということを楽しみにして、皆さんと応援し続けたいと思っています。きっと3人も皆さんの応援を力に、これから飛躍してくれると思いますので、みなさんLullを応援してくださいね。

皆さんはどの曲が良かったですか?VOJAのツアーは始まったばかり。皆さんの声がこれからのツアーの出来を変えると言っても過言ではないかもしれません。ぜに感想をお寄せください。

さあ、つらつら長々、書いてきましたが、先日もBLOGで書いたり、昨日の打ち上げ懇親会の席上でもお話しました。

私はずっと大町は、VOJAにとっても、ファンの皆様にとっても、STAGE1の皆様にとっても「特別な場所」でありたいと思って制作してきました。早稲田の斎藤君ではないですけど、

「何か持っている。」それは私が何か持っているんじゃなくて、この「特別な場所・大町」が何か持っている。それはまぎれもなく「仲間」なんだと思います。このゴスフェスを支えてくれる、係わっているすべての方、熱い思いを持つ「仲間」なのです。(斎藤君の言葉がハマりすぎですが)

私はその仲間が、ゴスフェスの特別な場所で笑顔を見せてくれて、それを客席の一番後ろで壁に寄りかかりながら見ている時が一番幸せです。

そして、今年の一番最後、小山実行委員長と握手して終わりました。とにかく小山先生との出会い・VOJAとの出会いが最初ですから・・・。

※昨日の詳細は、きっとVOJA応援団長のやじろうべえさんがご自身のアメブロ・MIXIにレポートをアップしてくれると思います、当日、インフルエンザやおたふくかぜなど、楽しみにしていたのに来られなかったみなさんは、そちらでゴスフェスに行った気分になってみてくださいね。もちろん当公式HPにも準備ができ次第、写真を掲載していきます。(やじさんハードルあげちゃったけどゴメンネ)

|

« VOJAにとって、ファンにとって、特別な場所でありたい・・・。 | トップページ | たくさんのコメントありがとうございます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

世の中にはいろんな人がいます。
「超~良かった!」という人「全然!!」という人。
コンサート終わった直後の携帯に「感動・・しました。来年もチケットとってください!!」
という人もいれば、「もっと求道的な雰囲気があるかと思った」って言う人もいましたし、「ベストはビートルズメドレーとjoyfuljoyfulのBrrrlaka」という人もいました。人はそれぞれの感性で生きているんです。

音楽や人生って、どのくらい自分が頑張れてどのくらい自分が良かったと思えるかにかかってると思うな。
ハードル下げて、良かったって思うことだって時には大事だし、理想を見上げて辛いけど一歩ずつ前に進む事だって大事だし。
自分にあった成長の仕方が出来ればいいのかなぁ・・・。
いろんな人や状況にもまれながら人もイベントも育っていくんだと思うな。

実行委員会もゴスフェスも去年・今年と波乱万丈でした。局長に握手の前に言ったのは「疲れすぎてる時って、自分では疲れてるかどうか分かんないもんだよ。気づいたら病院のベッドなんてことになっちゃあ困るからね・・・」でした。
握手をしながら局長の8割の安堵感と2割の疲労感が伝わってきました。

実行委員会の「本日解散」をしたとき、「みんな、来年もやろうね!」って言ったら、みんな微妙に微笑んでいました。みんな本当に本当にお疲れ様。

ぼくはさ、思うんだけど、ちょっとしたことで、自分以外の誰かに希望や幸せや喜びが配れたら自分がこの世に存在した価値が少しはあるって思えるし、それがちょっとした自己満足の幸せになるのかな・・・って。

友香さんが、懇親会で高校生に「幸せにする相手は一人でいいのよ。一人でいいから幸せにする相手を見つけなさい」って言ってました。一人でさえ幸せにすることは難しいんですよね。本当にそう思います。

だから、たとえ、一曲でもその歌を聴いているとき・歌ってる時、素直に泣けたり、喜べたり、幸せを感じたり・感じさせられたり出来たら幸せの種が心のどこかに蒔かれてるのかな・・って思います。そういうチャンスを提供できているのかな・・・って思います。

来年も参加する人みんなのそれぞれの協力の仕方でまたゴスフェスが出来たらいいな・・・

きっとできるよ。
みんながそれを望んでいるんだから。

また、みんな・みんなで創ろうね。

投稿: snaphkin | 2010年11月28日 (日) 23時25分

ゴスフェス、今回も大成功だったでしょう!snaphkinさんのおっしゃるとおり、みんなそれぞれの価値観がある。そんな人々が社会を形成して生活している。

そんな中『ゴスフェス』という共通項をもって、昨日あれだけ多くの人々が集ったんです。そして、たくさんの感情が高まったんだろうと思うんです。

僕は一介のVOJAファンです。そしてVOJAを愛する人のファンでもあります。

昨日も僕の気持ちを少しだけ伝えさせていただいたのですが、僕は『亀渕友香& The Voices of Japan』という存在、活動をもっともっと多くの人に知ってもらいたい。そのことこそ、僕がVOJAファンとして意識していることです。

僕のコメントやレポートは偏っているかもしれないけれど、でもキッカケにしてもらえたら、それも僕の目的。

感じるのはひとりひとりだから。

まあ、なにはともあれ、友香さんもVOJAメンもサイコー♪なのさ!!

さあ、お固くならず(笑)もっとどんどん、コメント続けて下さいね~☆

僕にとっては昨日は夢のようでしたわー。

投稿: やじろべえ | 2010年11月29日 (月) 00時37分

お初ですshine
ゴスフェス的に言いますと私は今年で6年になりました。
私から言いますと…
6年ぶりに母校の北高の『We are the world』を客席側で
観ることが出来ましたo(^-^)o
なんか、懐かしくなりました。
今まではあの場に“私も居たんだなぁ”て思うと…
心が淋しくなります(^о^;)

カムバック!児玉先生note


後は、“君をのせて”や“サンクチュアリー”“ビートルズメドレー”が感動しました。
特に“君をのせて”は少年少女時代に何回か歌いました。
けど…
プロが歌うと全く違う形になり
涙がとまりませんでした。


来年も良ぃ。
演奏会になる。と強く言い切れますね。

こんな形になりますが…
来年も皆さんsign03
闇夜の黒猫=松坂(弟)をよろしくお願いします。

来年も今年よりも良い演奏会にしましょう
″8(>∀∀<)8″

おやすみなさいsleepy

投稿: 闇夜の黒猫 | 2010年11月29日 (月) 00時44分

管理人さん、本当にお疲れさまでした。
やはり紆余曲折、いろいろな経緯があってこぎつけられた当日でしたね。

初めて東京から応援に駆けつけました。
VOJAのステージは数多く見守ってきましたが
大町は実に独特の「気」が流れているのを、身をもって体感しました。
それは驚きでもあり、また感動でもありました。
これは興行的な営利目的を含むコンサートとは異なり
地域に根付いた、尊い志を持った方々による手作りであるからこその貴重なものです。
そんな雰囲気に後押しされて、ステージのメンバーも伸びのびと
いい意味での自由なパフォーマンスを見せてくれたと思います。
最後のSay G'day は最高でした。
もともとはシドニーパラリンピックの応援歌でしたけれど
この歌は世界中のすべての人への応援歌だと私は捉えています。
そこまでのうちにもすでに涙が溢れていたのですが
イントロが流れた瞬間にもう、またまたステージが涙で霞んでしまい
実際にはお互い涙でくちゃくちゃの顔を見合わせて笑っただけですけれど
気持ちの上ではN坪さんと抱き合ってしまいましたよ。
VOJAにとって大町は間違いなく「特別な場所」ですね。

これにかかりきりになれるならともかく
お仕事やご家庭の日常の生活を護られての上のことですから
本当にご苦労が絶えなかったことでしょう。
管理人さんはじめ実行委員の方々には心よりお礼申し上げます。
今はまだ今後のことなど…とは思いますが
こういう強い意志を持つ実行力の継続こそが
地域文化を創りだし歴史を刻み、広がり浸透して行くものと信じています。
大町が羨ましくもさえ思えます!

管理人さん、笑顔がステキな好青年でした!
お会いできてよかった!
東京から押しかけたのに、温かく迎え入れてくださった皆さまに
心より感謝申し上げます。
幸せな1日をありがとうございました。
来年の今ごろ…またお目にかかれたら嬉しいです。

投稿: ねーさん | 2010年11月29日 (月) 14時02分

お疲れ様でしたnotes

今年もこのステージで歌わせていただき、たくさんの感動とパワーをいただいたこと、本当に感謝でいっぱいです。
大町ゴスフェス自体がパワースポットになってるんだな・・と実感して帰路につきました。

熱い思いと大町北高のアジアフ活動、根本に揺るぎないしっかりした土台があってこそのゴスフェス。
だからVOJAにとっても、ファンにとっても特別な場所なのでしょう。
とても羨ましく思います。


VOJAステージも今までにない新鮮なものになりましたね。
VOJA幕の内弁当・・・みたいな・・・なんて失礼でしょうか?

あ!こんな味もある・・あんな味もあるんだ・・とお腹いっぱいいただいた感じでしたhappy02
・・・とはいえ正直、Lullが聴けなかったのは残念でしたが。

そしてその上での「Say G'day]

袋井でのコンサート、まだ3、4回目の頃だったでしょうか?
ワークショップで練習し、市民クワイアで実は歌ったことがあったんです。
とても懐かしく、一緒に口ずさんでましたnote

VOJAの10年の歩みを味わえたコンサートになったようにも感じました。


充実した1日でした。
ありがとうございました。


投稿: HARU | 2010年11月29日 (月) 20時39分

月見の里の一人です。
大町の関係者の皆様、本当にお疲れ様でした。
「大人の修学旅行」と名うった通り、私にとっては、かなり行き道を下調べして、事前準備し、当日を楽しみ、また帰り道反省し、新年の目標を立て(早いかしら)、また次の大町で何を歌おうか?と一年先のことまで夢を膨らませるわけです。
おばさんたち(いえ誰もそうは思ってませんけど)の月に1.2度のレッスンですが、倉地先生の熱い魂こもったレッスンにつられ、気づいたら五年の月日が流れました。
そして、大町の舞台に立つことは、私たちの一年の集大成でもあるわけで、大事なポジションにあるのです。
だから、いつまでも続けて欲しいのです。
個人的にはレセプションが好きです(笑)ボジャとサヨナラしてもまた会えて、上手な他のクワイアさんともお話できて、亀淵さんの格言も聞ける。そして美味しい食べ物も食べれる。あぁ幸せ。
レセプションに高校生の方が来られてお話しできたのもなかなかない機会でしたので、良かったです。本当にいい子たちです。
たくさんの思い出をありがとうございました。
また来年
(^O^)/

投稿: wako | 2010年11月29日 (月) 21時31分

VOJA最高ー!感動しちゃったよーありがとうー!
ぼーっとしててちゃんとみんなにありがとうって伝えられなくってちょっと後悔です。
ヒールザワールド涙でるよ。
きずなもういあざわーるども。
そして打ち上げで友香さんみててまた涙でた、
人ってみんな大切に持ってるものがあって、何も言わなくても伝わるときってあるね。
歌はあたたかくてひたむきなみんなのエネルギーの集まり、
そんな場所をつくることのできる大町ゴスフェスは最高です。
音楽はなまもの。
Brrrlak ひとりでもよかったって感じてもらえたら私達(joyful!です!)はとってもハッピーです!
いっぽいっぽ確実にのぼっているはずなのに山がどんどん高くなる(道はあっているのかな?)
振り向けば今まで見えなかった遠くも見える(ヤッホー!)
ひとりを幸せにすること、波紋が広がっていく。
ここはそれをこころから信じれる場所です。
大切な宝物のようなひとときをを共有できたこと、本当にありがとうございましたー!
きょうも山が美しい!

投稿: ake | 2010年11月30日 (火) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1238878/37880411

この記事へのトラックバック一覧です: とうとう終わっちゃいました。:

« VOJAにとって、ファンにとって、特別な場所でありたい・・・。 | トップページ | たくさんのコメントありがとうございます »