« 2010年11月21日 - 2010年11月27日 | トップページ | 2010年12月5日 - 2010年12月11日 »

2010年11月28日 - 2010年12月4日

2010年11月28日 (日)

とうとう終わっちゃいました。

昨日の感動から一夜が明けました。

まず、ご来場いただいた皆様、出演したBLESSED、Joyful!、Thursday colors、Rough Diamonnds、Precious Precious、月見の里ゴスペルクワイアのメンバーの皆様、大町北高校の生徒のみんな、そして先生方、シャイニングKIDSのみんな、お父さん・お母さん、そして友香さん、VOJAの皆さん、TMPのスタッフ、長野三光、大町市文化会館の職員(OB・まもなく復帰の人含む)、N坪さん・・・。そして実行委員の皆さん、このイベントのすべてに関わられた皆様に感謝申し上げます。

特に、昨日はバタバタしていて、STAGE1の皆様にはきちっとしたご挨拶もできず大変失礼いたしました。時間の制約がある中で、きっちり仕上げていただき、昨年にも増して、工夫して演奏されたことに対して大変感謝申し上げます。ありがとうございました。

私にとっては、昨年休んでいましたので復帰戦となりましたが、年ですね(苦笑)、正直疲れました。いつもなら帰ってきて、BLOGに書き込んだりできたんですけど。その割に疲れすぎて眠れなかったです・・・。みなさんもそうかな、興奮冷めやらずといいた感じですかね。

今年のゴスフェスおおまち2010いかがだったでしょうか?

いろんな感想をお持ちだと思います。ぜひ書き込んでいただければと思います。もちろんVOJAメンバーの皆さんも。

昨年のVOJA招聘10年のアニバーサリーから今年、どう制作していこうか、実行委員会の会議でもかなり試行錯誤しました。実行委員も減少し、ホントに今年開催していけるのか?ネーミングもマイナーチェンジし、ゴスペルをベースとしながらもいろんなジャンルのハーモニーを楽しむというコンセプトの元、制作してきましたが、今年の当初はつまづきの連続でした。

STAGE1は公募もしましたが、思うようにならず、制作方針も従来に戻し、出演した各グループには大変ご迷惑もかけました。

シティクワイアも締切日は40名しかおらず、どうなるかと思いました。そんな時、今年出演されなかった倉地先生が、ゴスフェスを成功させましょうと、関係方面に声をかけていただきました。倉地先生本当にありがとうございました。

チケット販売や協賛集め託児の手配にレクチャーの受け付け、懇親会の手配など、実行委員のみんなも手分けをして良くやってくれました。

VOJAのセットリストについては、11/22に実は変更の相談をしました。、STAGE2については基本、TMPにお任せではありますが、ジョイント部分とか曲の兼ね合いとかもあり、毎年、主催者として要望等はさせてもらっています。毎年開催の大町だけにここが難しいところでもある訳です。今年は11月開催であること、またコンセプトがゴスペル&ハーモニーということ。これも改めて考慮いただこうと、最後の最後まで調整をさせていただきました。すべては、お客様のために。VOJA初めての方も、毎年見ていただいているファンの方にも楽しんでいただけるように・・・・。

ですが時間の制約やいろんな条件があって、要望が叶うこととそうでないことがあります。少しだけタネ明かしといいますか、アンコールの最後「Say G'day」については私の方から強く要望した曲でした。大町では唯一2001年のやまびこ祭りでVOJA12人編成で来たことがありまして、その時だけ歌われましたので、ゴスフェスとしては初なのです。(今年来たふーみんもその時のメンバーで、マイクに感電したメンバーの一人です)

これを歌うに当たっては、友香さん・TMPの方でも悩まれたようです。2000年シドニーパラリンピックの応援歌でしたし、昔の曲を歌うことへのためらいみたいなものもあったと聞いています。ですが、曲の内容はすごく前向きな曲。最後の最後にこれを持ってきていただいてホントに感謝ですし、イルミナントからのあの盛り上がりは本当に見ていて聴いていて楽しかったです。事務局長という立場を忘れ、いちVOJAファンにもどって楽しめました。

それから We are the world は、今年はどんな意見が出ようと、北高に次代の担うKIDS。そして3月に袋井コンサートで披露いただいた月見の里。これをジョイントして行う。これにはいろんな意義メッセージが含まれていますが、一番はある意味、大町北高校へのメッセージなのかもしれません。

アジアフ活動は現在も、もちろん続いています。しっかり校風として根付いていますが、実際、we are the world はもうこのゴスフェスでしか歌われないそうです。私としては、これを歌うことで自分たちの活動を再確認してもらい、いろんな方たちへメッセージとして、また後輩であるKIDSのみんなへと、その精神が大町の地で引き継ぐといったメッセージが今回だと思って制作しました。

これには大塚 桂先生に本当にご尽力いただきました。KIDSのレクチャー当初、こちらは楽譜を用意していたのですが、19人中一番多かったのが7歳で低学年が主力だったため、当然楽譜なんて読めません(苦笑)、急きょ黒板に小山実行委員長が歌詞をひらがなで書いて対応。(カタカナも読めないというので)。舞台監督の坂井さんはひらがなべた打ちの歌詞カードに、「私はこれの方が歌えない」と言って笑っていましたが(笑)大塚桂先生の機転のきいた指導により、キッズの覚えも早くて正直ホッとしました。それに本番は最高の歌声も披露してくれて、本当にうれしかったです。見ていた方、それに北高校の生徒はどう思ったかな?

今年のシティクワイアの2曲。特にHeal The worldは今までで最高だったと思います。毎年反省するシティクワイアの出来。これは皆さんの出来とかではなく制作上の出来なのです。たとえば、マイクの調子がとかスピーカーの返しが、とか。VOJAとの声量のバランスとか。すごく難しいんです。シティクワイアはメインなのか、あくまでもVOJAのバックなのか?いろんなことがあるのですが、一番バランスのとれた本番だったと、私自身は今までで一番満足しています。

VOJAメンバーも、5年ぶりにマスさんが大町のゴスフェスに帰ってきてくれました。マスさんには、どうしてもゴスフェスのステージに帰ってきてほしかったので本当にうれしかったです。マスさんが帰ってくるまでは、ゴスフェスは止められないとまで思っていましたから。それにSTAGE1の人たちもすごく期待していたし、喜んでいました。それに、VOJAの若手にとってもマスさんとステージ一緒に立てることが勉強・経験にもなるんですよね。

大町初登場の「みなっち」こと高木さん。大町に出たいと強く思っていてくれて、VOJAメンバーとなった当時、「大町はVOJAにとって特別な場所なんだよ」と話してくれたのが、マスさんだって話してくれました。すごく楽しかったと言ってくれたので、こちらも本当にうれしかったです。

それと当初13名だったのが、ビートルズメドレーには男性がさらに必要ということで、緊急招集された小山くん(なぜか小山くんと書いてしまう。)大町初登場でしたが、こちらもすごく楽しかったということでこれからが楽しみですね。

アテナは大町のやまびこ祭りに来て、さらに今回パワーアップして帰ってきてくれたました。とはいってもまだユニットとしては駆け出しですし、経験も足りないし、まだまだプロのオーラが出てない気もします(辛口でごめんね)ゆえに大きなステージで経験してほしいと思って、こちらも私の方で要望しました。VOJAファンが見守る大町のステージを経験してより成長してほしかったのです。どの世界でもそうですがやはり経験が必要です。さらなる飛躍を期待し応援しています。

また、しゅるファンにとっては、たまらない1曲もありましたね。ソロ活動の時に披露されているようですが、KIDSのみんなも楽し待たんじゃないかな。この曲終りを合図に、KIDSのみんなは客席を離れスタンバイしたんです。1曲すべてしゅるさんのソロというのは10年連続のしゅるさんも大町では初めてでしたね。

その一方で、CDデビューを果たしたLullの歌声をお聞かせできなかったのは、期待していたファンの方へ、その期待の応えられず主催者としてお詫び申し上げます。制作上、時間等の制約もあり、今回実現しませんでした。私自身も残念ではありましたが、これから先、大町でまた、Lullの歌声が聴けるということを楽しみにして、皆さんと応援し続けたいと思っています。きっと3人も皆さんの応援を力に、これから飛躍してくれると思いますので、みなさんLullを応援してくださいね。

皆さんはどの曲が良かったですか?VOJAのツアーは始まったばかり。皆さんの声がこれからのツアーの出来を変えると言っても過言ではないかもしれません。ぜに感想をお寄せください。

さあ、つらつら長々、書いてきましたが、先日もBLOGで書いたり、昨日の打ち上げ懇親会の席上でもお話しました。

私はずっと大町は、VOJAにとっても、ファンの皆様にとっても、STAGE1の皆様にとっても「特別な場所」でありたいと思って制作してきました。早稲田の斎藤君ではないですけど、

「何か持っている。」それは私が何か持っているんじゃなくて、この「特別な場所・大町」が何か持っている。それはまぎれもなく「仲間」なんだと思います。このゴスフェスを支えてくれる、係わっているすべての方、熱い思いを持つ「仲間」なのです。(斎藤君の言葉がハマりすぎですが)

私はその仲間が、ゴスフェスの特別な場所で笑顔を見せてくれて、それを客席の一番後ろで壁に寄りかかりながら見ている時が一番幸せです。

そして、今年の一番最後、小山実行委員長と握手して終わりました。とにかく小山先生との出会い・VOJAとの出会いが最初ですから・・・。

※昨日の詳細は、きっとVOJA応援団長のやじろうべえさんがご自身のアメブロ・MIXIにレポートをアップしてくれると思います、当日、インフルエンザやおたふくかぜなど、楽しみにしていたのに来られなかったみなさんは、そちらでゴスフェスに行った気分になってみてくださいね。もちろん当公式HPにも準備ができ次第、写真を掲載していきます。(やじさんハードルあげちゃったけどゴメンネ)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2010年11月21日 - 2010年11月27日 | トップページ | 2010年12月5日 - 2010年12月11日 »