もう一度聞きたいVOJAの曲・思い出の曲

2010年2月11日 (木)

私ならコレです

VOJAブロで只今、下記の質問についてのメッセージを募っていますね。16日(火)までの期間限定で受け付けているようですのでみなさん、メッセージを書いてみてはいかがですか?http://ameblo.jp/voja/

(1)【亀渕友香&VOJAの曲で好きな曲は?】

(2)【亀渕友香&VOJAに 「こんな曲歌って欲しい!」】

このブログ上でももう一度聞きたいVOJAの曲と題して、私の全く個人的な好みによる選曲を発表させてもらいました。VOJAブロの質問どおりに答えるなら・・・。

(1)について(勝手にランキング形式で)

5位 note In the Sanctuary

4位 note The Blessing of Abraham

 VOJAの代表的なアゲアゲ曲upの2曲ですよね。皆さんもご納得の2曲ではないかと。

3位 note Say G'day

 VOJA・オリジナルの中で note Thank you もいいんですけど、今年一時期、この曲がマイブームだったことがありまして。3年くらい前かな塩尻のSOコンサートでは聴いているんですけど、大町では2001年。それもやまびこ祭りでしか披露されていないんですね。これを聴くと勇気がわいてきます。

2位 note You Are

 大町では、唯一2003年に1回だけ披露している曲。すごくいい曲だなと当時思いました。

1位 note God Is

 私がここまでVOJAに魅せられたのはこの曲のおかげといっても過言ではない曲。大町では2001年に1回だけ披露されています。この曲だけはどうしても・どうしても聴きたい!絶対聴きたい!!直談判しようかと真剣に思っているくらいに私にとっては思い入れの強い曲です。ソロを歌う2人も勝手に決めています(笑)

(2)について

note You Are Good  映画「The GOSPEL」より

 2005年米国で公開され、カーク・フランクリンが音楽監修しているこの作品。この曲はノリがいいですね。会場全員スタンディングでっっていう感じ。ちょっと前になっちゃいますけどね。

note 果てなく続くストーリー MISIA http://www.youtube.com/watch?v=1Zhzo9JLflI

 J-POPからはこの曲はどうでしょうか。まもなくバンクーバーオリンピックが開幕しますが、2002年ソルトレークオリンピックのNHKでのテーマソングがこの曲。すごくスケールの大きさを感じるこの曲をVOJAが歌うとしたら・・・・。

note We Are The World

 大町ゴスフェスではおなじみの曲。ゴスフェスでは高校生がメインですが、VOJAのみでサウンドをつくったらどんな感じ・・・。

と、まあ私だったらこんな感じなのですが、VOJAブロにこのまま書いたら、????と皆さんに思われそうなので。皆さんはどうぞVOJAブロへメッセージを寄せてくださいね。

関係者の皆さま、私の全くの好みによる選曲ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月27日 (火)

MASYUさん

ただいま2児のお母さんで子育て奮闘中のMASYUさん。

ゴスフェスのステージは2005以来大町のステージには立っていませんが、2007,2008のやまびこ祭りではアイノネのメンバーとして大町に来てくれています。

みんな大好きな方ですね。

2001年の大町コンサートで初めてお会いし、その歌声に度肝を抜かれ強烈な印象だったのを鮮烈に覚えています。(今もどうしても聴きたいチエさんとのGod is)

歌もさることながら、ゴスフェス前日の大町北高校とのレクチャーでは、高校生と積極的にコミュニケーションをとってくれて、MASYUさんには助けられていたんですよね。

そんな大好きなMASYUさんがソロをとった2005の「幸せはすべての人に」また大町のステージで聴きたいですね。

note幸せはすべての人に

いつも いつも願い続ければ

いつか必ずかなうはずだ

朝の光に 昼のひとときに 夜は眠る前に

願い続ければかなうはずだ

幸せはすべての人に

等しく与えられるはずだから

はずだから

いつも いつも 願い続ければ

いつも いつも かなうはずだ

いつも いつも 朝の光に

いつも いつも

Fh030014

Fh040024

Fh040022

MASYUさんのBLOGはコチラ

http://nonocamushi.seesaa.net/

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年10月15日 (木)

空になろう

2年ぶりのGOSFES開催だったのですが、STAGE1で、2002年にVOJAを卒業した蘭燃さんに登場していただきました。それも「空になろう」1曲のために。(苦笑)

実行委員会の会議に行く車の中で思いついたこの企画・・・。まさか実現すると思わなかったのですが、今までしゃべったこともない蘭燃さんに、このことをお願いするとすんなり快諾してくださいました。

CDではVOJAがコーラスを担当していたのですが、この部分をラフダイとプレプレさんに依頼。本番当日に初めて合わせたのですが、リハーサル室でその様子を見たときは、ホント鳥肌が立ちました。絶対成功するって。感動でした。

ステージでは、ゴスペルではないこの曲を披露するにあたり、会場の皆さまには、MCの佐藤さんからこんなメッセージを披露してもらいました。

Fl030025

私は昨年のちょうど今頃、 大町市の災害派遣隊の一員として、34日で震災した新潟県小千谷市へ行きました。

現地は震災して1ヶ月というのに、倒壊した家屋の撤去も進まず、道はうねり、屋根にはブルーシートかかけられたままという家が多く見られ、まだ多くの方が避難所に避難している状況でした。

余震もあり、不安な気持ちにもなりましたが、避難されてる方から、「ご苦労様」と声をかけられたときは、逆に勇気られる思いでした。

滞在3日目の日曜日、関西のゴスペルグループが、避難所の前で、被災された皆さんを励まそうとミニコンサートを開催しました。中には泣きながら聞いている方もいました。でも終わったときにはみんな笑顔でした。「あーゴスペルって、こんなに人の心を元気な気持ちにさせるんだな」っというのが感想でした。

小千谷から帰ってきてから、蘭燃さんのご実家も被災されたことを知ったのですが、今年、震災支援ソング「空になろう」のCDを発売されたことを知り、早速、購入して聴かせていただきました。

今でも車のカーステで子供とこの曲をよく聴くのですが、あの時の情景が、昨日のことのように思い浮かんできます。

あれからもう1年。私はこの曲を会場にいる皆さんにぜひ聴いてもらいたいと考えました。ゴスペルではないけど、歌に込められた思いというのは、ゴスペルを歌う気持ちと同じなのではと思うのです。

CDではVOJAのメンバーがコーラスとして参加していますが、今日は、これが初コラボとなるPrecious PreciousRough Diamondsのメンバーがコーラス参加してくれます。

蘭燃さんの歌声が、会場の皆さんの思いと共に、大町の空から、新潟の方へ届くと確信しております。

どうぞ会場の皆さん応援してください。

ゴスペルフェスティバルinOmachi実行委員会 事務局長

Fl030026

Fl030029

Fl030033

Fl030034

Fl030035

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年9月22日 (火)

Jubilation・・・といえば DONちゃん

noteもう一度聞きたいVOJAの曲・思い出の曲⑧

Jubilation

2003年は初の11月開催だったので、クリスマスソングではないゴスペルを聴くことができてある意味新鮮だったようにも思います。

you are は前回紹介しましたが、2003年からもう1曲。

jubilationは、和訳すると 歓喜、大喜びといった意味になるみたいですけど、ノリのいい曲ですよね。この時は、修平さん、しゅるさん、DONちゃんがソロを歌っていました。

特に、この曲はDONちゃんのイメージが強いんです。

DONちゃんのパワフルでソウルフルな歌声と振り(人指し指と親指を突き出す・決めポーズ?)大好きでした。

13

DONちゃんは、2000年の北高文化祭、2003、2004、2006と4回大町に来てくれました。

2007年3月でVOJAを卒業したけど、2006年のゴスフェスでは、ご家族も見に来てくれて、大町を特別な思いで気にかけてくれたひとりです。

今も精力的に活躍してるみたいで、うれしいです。

DONちゃんのBLOGはこちら http://donburacocolo.blog63.fc2.com/ 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

You are

noteもう一度聞きたいVOJAの曲・思い出の曲⑦

You are

この曲は2003VOJAコンサートで最後に歌われた曲です。

聞くところによると、VOJAコンサートで歌われた回数が少なかったようで、この年以降にVOJAに入ったメンバーはあまり歌ったことがないかもしれない(あくまでも予測)貴重な歌だと勝手に思っています。

ただ、この曲、私 今までVOJAを聴いていて、数多くあるVOJAの好きな曲で、どうしてもBEST3を選べと言われれば間違いなく入る曲です。

できれば、いえ、どうしても、今のVOJAメンバーで今度のゴスフェスで歌ってほしいと真剣に思っています・・・。

オリジナルはカーク・フランクリンの楽曲になると思いますが、当時のメンバー山本修平さんが詞をつけたと聞いています。

このときの照明も最高でした。バトン(舞台セットや照明器具を吊るための舞台機構)に吊ってあった4台のムービングを下し、シンプルかつ効果的に使ったデザインで、曲にもアジャストし、他の会場で歌われた you are は見ていませんが、間違いなくこの時の、大町で歌われた you are がVOJAが you are を歌った中で一番だと確信しています。

著作権の関係がありますので映像は流せませんが、you tubeにオリジナルがアップされているので聞いたことがない方はこちらをどうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=lyRyI40zQnQ

"You Are"

ジーザス 喜びくれた 

心の支えになり 悲しみ消し去る

Jesus you are yes

彷徨い叫んで 誰かを求めて 

手を差し伸べてる そばにいてほしい

(そう誰かに いつだってそばにいてほしい)

ジーザス 教えてくれた

一人の時でも 罪を犯しても

Jesus you are yes

つなぎ合うその手を 守り続けてる

愛が溢れてるいつも そばにいてほしい

ジーザス あなたのそばで 

あなたの愛に触れ ぬくもり感じて

Jesus you are yes

心満たされて 前に歩き出す 

何も恐れない いつもそばにいつから

あたたかく つつまれて 

thank you Jesus

やさしく まもられて

光の中 導かれて

いつまでも 愛されて

You_are_1

You_are_2

You_are_3

You_are_4

You_are_5

You_are_6

You_are_7


Jesus You are my joy within
You are the shelter from the wind
You are the forgiver of my sins
Jesus You are yes
Where can I go
Who can I call
Who's there to catch me when I fall
Your hands they hold me through it all
Everything I need You are

Jesus You are my cornerstone
You are my friend when I'm alone
You're the convictor when I'm wrong
Jesus You are yes
You're the peace within my storm
You are the shelter from all harm
I love it when You hold me in Your arms
Everything I need You are

Jesus You are my joy within
You are the shelter from the wind
You're the forgiver of my sins
Jesus You are yes
Where can I go
Who can I call
Who's there to catch me when I fall
Your hands they hold me through it all
Everything I need You are

(when I was sick) You are my healer
Thank You Jesus
(when I didn't had a place to stay) You are my shelter
Thank You Jesus
(when I found my self in trouble) You are my laywer
Thank You Jesus
(when my money ran out) You are my provider
Thank You Jesus Thank You Jesus Thank You Jesus
You are

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

初ゴスフェスは2003。そしてVOJAは10才。

さあ、今日からは2003年のお話をしていきましょう。 タイトルにもあるように、2003年に初の大町ゴスフェスが開催されました。

ホントはこの年にVOJAのコンサートを開催する予定はなかったんです。01,02と大町市の文化会館の自主事業として開催したのですが、2003年については予算も確保しておりませんで、2004年の市制50周年記念コンサートを開催するのでその準備としていたのです。ですがやっぱりなんかさみしいなあと感じていたときに、ある方と話をしていたら、クワイアの方たちは意外にホールでの発表の場がないことを聞き、すぐにフェスティバル形式でやろうと思いついたのです。

当時の実行委員会は、大町シティクワイアの中から、私が一人一人口説き落とし、出演団体も個々に交渉していました。

実行委員会ですから、失敗した場合、赤字になったらどうしようというのが付きまとうのですが、不思議とその時は気にもせず、進めていった感じでした。

そして、2003はVOJA結成10周年に当たる年でもありました。
どうしても10周年をお祝いしたいということで、メンバーには内緒で、唯一、当時ステージディレクションをしていた修平さんには事前に相談して事を進めたのでした。

そして、本番、メンバー見つからないようにステージ袖にスタンバイ。ろうそくに火をつけて準備OK。
で・・・・友香さんの話が終わりそうで終わらない。ろうそくを消したりつけたり。
さあ登場というときには、かなりろうそく短くなっちゃいましたけど(笑)

会場全部での「ハッピーバースデーVOJA」の大合唱。感動しました。

今日は、亀渕友香&VOJAの所属事務所であるTMPの許可をいただき、その映像を特別に公開しちゃいます。貴重映像です。

このBLOGでのVOJAの写真掲載についても、TMPの許可のもと掲載しております。

※関係の皆さまのご理解のもと、BLOGの運営ができております。感謝申し上げます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

mother

noteもう一度聞きたいVOJAの曲・思い出の曲⑥

Mother

2002のコンサートは、Dedication tour '02~'03という全国ツアーの一環でしたので、同年7月に発表されたアルバム「Dedication」から演奏されたものが多かったのですが、友香さんのMotherはすごかったですね。

この時ちょっとしたハプニングがありまして、友香さんが歌詞をド忘れしてしまい、最初からやり直すという、非常に珍しいことが起こりました。

照明もレーザーが頭越しに広がり、歌の盛り上がりにかなりイイ要素を加えていたと思います。

改めてと言いますか、友香さんのすごさを感じさせる一曲です。

Mother2

Mother4

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年8月10日 (月)

Greeting for christmas

noteもう一度聞きたいVOJAの曲・思い出の曲⑤

Greeting for christmas

2002年はどれも紹介したい曲ばかりですが、まずはイチ押し曲から。

VOJAのオリジナルのクリスマスソングで、昨年もメドレーの最後に歌われていましたね。

フルコーラスでは、この年に歌われただけなのですが、修平さん、マスさん、そしてしゅるさんがソロをとりました。

この曲は、歌詞も曲も個人的には大好きな曲なのですが、VOJAのステージングに加え、照明デザインがすごくきれいで曲に合っていて、ホント最高でした。

この年はバンド編成での演奏でしたから、ホントに言うことなしですね。

G1

G4

G5

G7

G8

G9

G10 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月26日 (日)

Say G'day

noteもう一度聞きたいVOJAの曲・思い出の曲④

「Say G'day」

最近、私の頭の中では、ぐるんぐるん流れている曲です(マイ・ブーム)

2000年シドニーパラリンピック公式応援歌として発表されましたが、大町市文化会館での演奏は、実は一度もありません。大町では唯一、2001年夏、12月の宣伝プロモーションとしてやまびこ祭りで、VOJA12名が45分のミニライブ(伝説の感電ライブ)を行ったんですが、そのラストで歌ったのが1回あるだけなんです。

ホールという空間で聴きたいなあと思っていたんですけど、2年前かな、塩尻レザンホールでSO(スペシャルオリンピックス)塩尻が主催したVOJAコンサートでは聴くことができました。

この曲を聴くと、ホント勇気をもらえるというか、力強さが湧いてくるんです。

正直、12月に歌うというのは厳しいのかもしれませんが、とにかく今、私の中では「Say G'day」マイブームなんです。

Say G'day

小さな命の 果てしない力が
ゆらめいているよ この胸に

生きている僕ら この時
哀しみに沈む朝でも
Saying G'day 言いあう人の
ほほえみが 勇気くれるよ

なつかしく 暖かい時
子供の頃 感じた幸福

beautiful day , today
beautiful day , G’day
誰だって ひとりじゃないから

この世に生まれて
すべては つながって
息をしてるよ

We are singing a song
beautiful day , today

毎日が 同じ顔して
流れてく 気がするけど
Saying G'day バラが咲いてる
今はただ この時だけ

目を閉じて 風を感じて
心をこめて 今にKISSしよう

beautiful day , today
beautiful day , G’day
泣いている君に あげたいから

この世に生まれて
すべては つながって
歌っているよ
We are singing a song
beautiful day , today
beautiful day , G’day
見上げる空の美しさに Say G’day

beautiful day , today
beautiful day , G’day
beautiful day , today
G’day

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

セレナーデ

noteもう一度聞きたいVOJAの曲・思い出の曲③

2001 「セレナーデ」

VOJAオリジナルのクリスマスソングですね。大町では数回歌われていますのでなじみのある方も多いかもしれません。

特に2001を選んだ理由には訳があり、この時の舞台セットとアカペラの雰囲気等々結構ぴったりだったかなあと自画自賛・・・。

バンドの後ろに立っている4本に木は、この日のために文化会館裏からちょっと調達。白く塗って、木の下には照明を何パターンか仕込んでいます。また、舞台の上手下手に舞台用スノーマシーンを設置。舞台上でも雪を降らせました。雪と言っても薬でできた泡に近いもので、床に落ちる時には消えてなくなるというものでした。・・・・・・が、これがVOJAメンバーにはことのほか不評でして・・・。歌っているとき口に入ると苦いらしい。

また、よりによってうちのスタインウェイピアノに泡が落ちてしまい、さらにステージは照明で温度が上昇し、ピアノに落ちた泡(雪)が蒸発したまでは良かったんですけど、薬品なんでシミができちゃいまして、舞台監督O氏顔が真っ青・・・・(@Д@;。スタインウェイのフルコンっていったら家1軒立てられる金額ですからねえ。次の年に大町に来た時には、真っ先にピアノ見てましたね。

1

3

4

5

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧